2020年版論文翻訳サービスベスト9ランキング

おすすめの論文翻訳会社9社を比較し、ランキングにいたしました。

2020年時点で更新された最新のリストです。

ウェブサイトを見る

エディテージ

https://www.editage.jp/translation/

  • 品質 :
    ★★★★★★
  • 料金 :
    ★★★★★★
  • 納品スピード :
    ★★★★★★
  • アフターサービス :
    ★★★★★★
  • カスタマーサービス :
    ★★★★★★
主要サービス
  • 日英翻訳
  • 英日翻訳
対応分野 医学、医療、物理化学、工学、生命科学、人文社会科学、ビジネス、経済学など、1200以上
対象言語
  • 日英
  • 英日
料金

日英翻訳

  • トップジャーナル翻訳:42円/単語
  • プレミアム学術翻訳:25円~
  • スタンダード学術翻訳:17円~
  • ベーシック翻訳:13.5円~

英日翻訳

  • トリプルチェック翻訳:23円~
  • ダブルチェック翻訳:17円~
納期

日英翻訳 (ベーシック翻訳の場合)

  • ノーマル(1000文字以内) : 2営業日~
  • ハイスピード(1000文字以内) : 1営業日~
  • エクスプレス(1001~3000文字) : 1営業日~

英日翻訳 (ダブルチェック翻訳の場合)

  • 1000単語以内: 4営業日
営業日
  • 年中無休
強み
  • 1200以上の専門分野の翻訳者と性格なマッチング
  • 最大9人の作業者
  • 品質保証制度
  • バイリンガルなカスタマーサポート
見積り時間 依頼から1時間以内
アフターサービス 納品後1年間 (無制限再校正、校正者への質問サービス、校正品質保証)
その他サービス
  • 投稿支援サービスあり
  • 無料お試し翻訳あり(5000文字以上)
割引種類
  • 新規割引10%オフ
  • ボリューム割引最大40%オフ
その他 チャットサポートあり
口コミ
  • エディテージといえば、学術文書の校正や、論文翻訳、論文投稿サポートをメインに扱っている会社です。研究者とジャーナルのための英文校正、論文執筆に関する情報ポータルサイトも運営しており、翻訳会社の中でもよりアカデミックな領域を得意にしているといえます。
  • 1ワードの単価は少々高いのが気になるところです。これほどまでに学術論文を専門としているため、ビジネス文書や技術文書などの翻訳に関しては、エディテージも良いのですが料金面や分野にすぐれた他の翻訳会社も選択肢に入れてみるのも良いかもしれませんね。